ふるさと丸亀応援メニュー

丸亀市は、市民と行政が一丸となって様々な取り組みを行っていますが、厳しい財政状況の中にあって何とか継続している事業や、資金不足のために現在滞っている事業もあります。
支援していただける方は、寄附金の使い道を次の中からご指定ください。
また、寄附金の活用状況については、後日報告させていただきます。

1.日本一の高さを誇る丸亀城石垣を修復する事業

画像:丸亀城現存する木造天守12城のうちのひとつである丸亀城は、「石の城」と形容されるその名のとおり、石垣は日本一の高さを誇ります。江戸時代初期の最も技術が発達した時に築かれたもので、高石垣は「扇の勾配」と呼ばれる曲線美で観光客を魅了します。
三の丸坤櫓(ひつじさるやぐら)跡石垣と帯曲輪(おびぐるわ)石垣は、平成30年度から14ヵ年をかけて修理を予定していましたが、平成30年7月7日、西日本豪雨の影響により丸亀城南西部付近の帯曲輪石垣が崩落しました。さらに、その修復に取り掛かろうとした矢先、9月後半に立て続けに発生した台風の影響で、10月8日・9日に帯曲輪西面石垣及び三の丸石垣が崩落しました。
丸亀市のシンボルである丸亀城を大切な歴史遺産として後世に残すためにも、1日も早く復旧するためにご援助、ご協力をお願いします。

2.「子育てするなら丸亀」の実現をめざす事業

子どもは地域の未来を担う大切な宝です。家庭だけでなく、学校、地域、事業者、行政などのすべての人が、それぞれの役割を認識し、社会全体で子どもや子育て家庭を見守り、心に寄り添い、支えていかなければなりません。
社会全体の協働により子どもが夢を持って健やかに育つまち、安心して子どもを生み、喜びや楽しみを持ちながら子育てができるまちの実現を目指します。

画像:子育てするなら丸亀1

画像:子育てするなら丸亀2

3.自然環境を守り活用する事業

瀬戸の島々や飯野山、土器川など豊かな自然環境を守りながら、市民を中心とした美化活動、自然を活用した体験実習など、自然とのふれあいを大切にした事業を行っています。
また、家庭において省エネ・地球温暖化防止に役立つ「みどりのカーテン」事業などにも取り組んでいます。

画像:飯野山

画像:みどりのカーテン

4.子どもたちの教育に関する事業

画像:児童会と生徒会の交流の様子自分の目標に向かって、みんなと協力して行動できる子どもの育成をめざして取り組んでいる「丸亀市小中一貫教育」。「自立と共生」をテーマに、家庭・学校・地域が連携して教育に力を注いでいます。
また、家庭・学校・地域等が連携・協力して子どもの自主的な読書活動の充実を図る、子ども読書活動も推進しています。
さらに、小中学校の耐震補強や幼稚園・小学校の改築など、将来を担う子どもたちに適した教育環境の整備を進めています。

5.産業の振興や観光PRなど、地域を元気にする事業

画像:丸亀お城まつり丸亀市では平成25年2月に策定した「丸亀市産業振興計画」にもとづいて、地域を支える産業の振興を推進しています。
また、一大イベントである「丸亀お城まつり」や「まるがめ婆娑羅まつり」、地域の特性を活かした「桃喰うまつり」や「あやうたふるさとまつり」といった四季を通じたイベントの開催や「丸亀うちわ」「菊」「桃」などの特産品・丸亀発祥のご当地グルメ「骨付鳥」・観光スポットの全国発信など、地域を元気にする取組を進めています。

画像:丸亀お城まつり

画像:八朔と桃

画像:八朔と桃

画像:骨付鳥

6.文化・スポーツの振興に関する事業

JR丸亀駅前広場に隣接する「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」では、猪熊画伯や国内外の優れた芸術家の作品展や子どもたちを対象としたワークショップなどオリジナルな企画・行事を開催しています。
また貴重な文化遺産を守り・継承し、個性豊かな文化活動を通じて郷土に誇りを持った人づくりに取り組んでいます。
生涯にわたって、生活の中にスポーツを取り入れることをテーマに、各種スポーツ大会やウォーキング大会、スポーツ教室などを実施しています。毎年2月第1日曜日に開催している「香川丸亀国際ハーフマラソン大会」には、国内外からの有名選手とともに1万人超の市民ランナーが日本屈指の高速コースを駆け抜けます。

画像:香川丸亀ハーフマラソン大会

画像:健康ウォーク

画像:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

7.保健・福祉を充実する事業

地域で支えあうネットワーク作りを進め、地域福祉を支える担い手を育成し、誰もが暮らしやすい地域づくりを目指すとともに、関係機関との連携を強化し、生活に困窮している方の就労や自立支援を図ります。
また丸亀市では毎月10日を「健幸の日」と定め、健康づくりに取り組むきっかけを作り、生活習慣の改善を促すことで、健康寿命を延ばし、生涯健康で幸せな暮らしの実現を目指します。

画像:保健・福祉

画像:シニアスポーツ大会

8.災害に強いまちをめざす事業

画像:消火訓練丸亀市の公共施設は、老朽化が進んでいる建物が多くあり、南海地震など大規模な地震が発生した場合、必ずしも十分な強度があるとはいえません。
災害時の拠点となる小中学校の体育館やコミュニティセンター等は緊急避難所でもあるため、計画的に耐震性を確保する取組を進めるとともに、防災・減災の観点から民間建築物についても耐震化の支援を行なっています。
また、防災資機材や食糧・飲料水などの備蓄を充実させるとともに、東日本大震災を教訓に、日頃から南海地震等の発生による地震・津波・土砂災害等を想定した、地域の特性に応じた実践的な防災訓練を行い防災体制の強化を図ります。さらに、防災マップ等の内容の充実を図り、住民が地震・津波災害等の危険性を認知し、円滑な避難ができるよう努めてまいります。

9.その他の事業

寄附金の使途について、上記1~8以外の事業を希望される方は、できるだけご希望に沿えるようにいたします。希望する内容を「寄附申込書」の「意見欄」にご記入ください。

10.市長が選んだ事業

※市長が選択する事業の財源として活用させていただきます。

ふるさと丸亀応援寄附金
お問い合わせ先
丸亀市市長公室広聴広報課
電話:0877-23-2111(代表) FAX:0877-24-8860
メールアドレス:furusato@city.marugame.lg.jp
ページ上に戻る