高額医療・高額介護合算制度

最終更新日: 2019年2月25日

毎年8月1日から翌年7月31日までの1年間に後期高齢者医療保険と介護保険の両方で、
自己負担がある世帯のうち、自己負担の合算額から下表の自己負担限度額を差し引いた金額
501円以上となった場合、限度額を超えた部分が「高額医療・高額介護合算療養費」として
支給されます。該当する方は1年ごとに申請が必要です。
 
●支給の対象となる方へのお知らせ
該当する方には、通知と申請書をお送りしておりますが、次の場合には、通知が届かないことが
ありますので、該当されると思われる場合は、保険課へお問い合わせください。
1.計算期間の途中で医療保険が変更となった方
2.お住まいの市町村が変わった方
 
 ◆平成30年7月診療分まで
 
       所得区分
負担割合 
  自己負担限度額(医療+介護)

   現役並み所得者 

 3割
     67万円
     一 般 
 
 1割
 
     56万円
     区分2
     31万円
     区分1
     19万円
 
 ◆平成30年8月診療分から
 
 区分・負担割合
負担割合 
 自己負担限度額(医療+介護)

 
 
 現役3(課税所得690万円以上)
 
 3割
 
 212万円
 現役2(課税所得380万円以上)
 141万円
 現役1(課税所得145万円以上)
 67万円
 一般 (1割)
 
 1割
 
56万円
区分2 (1割)
31万円
区分1 (1割)
19万円
 
 

情報発信元
保険課
TEL:0877-24-8842
FAX:0877-24-8832
EMAIL:hoken-k@city.marugame.lg.jp
関連カテゴリ

前後の情報

ページ上に戻る