避難行動要支援者等登録制度

最終更新日: 2017年3月4日

 平成29年1月1日から避難困難者等登録制度から避難行動要支援者等登録制度に変わります。
 近年、社会構造の急速な進展に伴って、災害は複雑化、多様化しています。また、高齢化も一層進み、災害による犠牲者は全国的にも増えているのが現状です。
 このことから、市では、消防本部、危機管理課、福祉課、高齢者支援課が共通の情報を共有し一括管理することにより、避難時に介助を必要とする人の円滑な援護活動を図るために、「避難行動要支援者等登録制度」を設けます。
(これまでの避難困難者登録制度に登録されている者は、避難行動要支援者等登録制度に移行となります。)
 
●制度の内容は・・・・
 この制度は、「消防緊急通信指令装置」が活用し、119番通報の受付や出動命令、現場活動支援などの各種情報を迅速、的確に処理することができます。
 この指令装置に、避難時に介助を必要とする人の住所や心身の状態、かかりつけの病院などをあらかじめ登録しておき、いざというときに迅速に対応できるように備えるというのが、この制度です。
 
●登録の対象となる人・・・・
 高齢であったり心身に障害があったりして、災害時に自力で避難することが困難な人です。
 
●登録すると・・・・
(1)災害時に避難の指示や支援が受けやすくなります。
(2)救急車を要請したとき、既往の症状が分かるので、搬送先の病院でも迅速・適切に対応することができるなどの利点があります。
 なお、登録された内容についての秘密は、固く守られますのでご安心ください。
 
●登録の方法は・・・・
 登録申請書は、消防本部・危機管理課・福祉課・高齢者支援課・綾歌市民センター・飯山市民センター・本島市民センター・広島市民センターにありますので、必要事項を記入のうえ提出してください。
 
お問い合わせは
   防災課 TEL:25-4005 
 
 

情報発信元
消防本部 防災課
TEL:0877-25-4005
EMAIL:bosai-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る