自治会に対する防犯灯の電気料金支援制度

最終更新日: 2018年12月18日

丸亀市では、自治会の負担を軽減することで自治会への加入、組織化を促進するため、自治会が設置した防犯灯に関する電気料金を市が負担する制度を設けています。
 
防犯灯とは、夜間における犯罪の発生防止と市民生活の安全を確保するために設置された道路を照明する公共的な照明灯のことです。

■対象
 市に届出のある自治会又はその連合会が設置する防犯灯です。
 
■手続きの流れ
 
 【新設の防犯灯の場合】
  依頼書に必要事項をご記入いただき、新設の申請時に建設課へ提出してください。
   <必要なもの>
   ・自治会長の印鑑(朱肉で押印するもの)
 
 【既設の防犯灯の場合】
  依頼書に必要事項をご記入いただき、市民活動推進課へ提出してください。
   <必要なもの>
   ・自治会の名前で電力会社へ電気料金の支払いが行われたことがわかるもの(領収書な    
    ど)
   ・自治会長の印鑑(朱肉で押印するもの)
 
  ◎依頼書様式:自治会等防犯灯の電気料金の取扱いに関する依頼書(WORD:44KB)
 
 ※防犯灯の設置に関しては、こちらをご覧ください。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 自治会に加入していない方へ
  新しく自治会をつくった場合には、この制度を利用することができます。
  また、お住まいの地域の自治会に加入することで、加入した自治会からの手続きにより、
  市の負担に切り替えることができる場合があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

情報発信元
市民活動推進課
TEL:0877-24-8809
FAX:0877-25-2409
EMAIL:katsudo-k@city.marugame.lg.jp
関連カテゴリ

前後の情報

ページ上に戻る