DV(配偶者などからの暴力)で悩んでいませんか?

最終更新日: 2019年6月8日

 DV(配偶者などからの暴力)で悩んでいませんか?                
 
        DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者やパートナーなど親密な間柄で
   起こる暴力のことです。
 
   その中でも交際相手などからふるわれる暴力のことを「デートDV」と呼んでい
   ます。最近では、若い世代の恋人間の暴力も増加しています。
 
   親密な関係にあっても、暴力は決して許されません。        
        配偶者からの暴力は、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害です。
   
     相談窓口一    市役所以外の窓口も掲載しています
     
         dvhyousi   パンフレットのダウンロードはこちら
 
 
  暴力にはさまざまな形が…                                                         
 
   ●身体的暴力・・・・殴る、蹴る、物を殴る、突き飛ばすなど。                  
   
   ●精神的暴力・・・・長時間の無視、ののしる、脅迫する、大声で怒鳴るなど。
      
   性的暴力・・・・・・性行為の強要、避妊に協力しないなど。
 
   ●経済的暴力・・・・生活費を渡さない、借金を重ねる、金品を要求するなど。
 
   社会的暴力・・・・外出の制限、交友関係や電話の監視など。 
また子どもに暴力を見せることは児童虐待にあたりますdvkatati
  DV被害などの現状                                                                                                                                      
平成27年度に実施した、丸亀市男女共同参画に関する市民アンケートによると、
女性の12.5%、男性の3.0%は「DVを受けたことがある」と回答しています。
 
DVを受けたことのある方のうち、「友人・知人に相談した」が女性50.0%、男性26.7%、
「家族に相談した」が女性41.5%、男性40.0%でした。一方、「どこ(だれ)にも相談しな
かった」という方は、女性29.3%、男性60.0%でした。
 
 
続きまして、丸亀市子育て支援課内の女性相談におけるDV相談受付件数を報告します。
 
(丸亀市女性相談におけるDV被害者等からの相談状況)
 
H24年度
H25年度
H26年度
H27年度
H28年度
H29年度
相談実人数(人)
22
45
39
28
27
27
相談延べ件数(件)
83
151
80
111
67
75
 
 
平成29年度のDV被害者等からの相談の状況は下記のとおりです。
 
相談延べ件数は75件と平成28年度に比べ8件増加しました(平成28年度67件、前年比11.9%増)。
相談実人数は27人で、平成28年度に比べ横ばいでした(平成28年度27人)。
 
また、相談の内容としては身体的暴力についてが16件と最も多くなっています。
  暴力から心身を守ろう!                                                             
●身の危険がある場合は『警察』に。
 
●DV被害者の方を保護するため、住民基本台帳の閲覧等を制限することができます。
 詳しくは、こちら(住民登録に関する届出)をご覧ください。
 
暴力や脅迫などにより生命や身体に重大な危害を受ける恐れが大きい場合、
 『裁判所』に申し立てると保護命令(接近禁止命令・退去命令など)が出されます。
 
  保護命令には、申立書が必要です。
  申立書には、配偶者暴力相談センター〔香川県子ども女性センター〕や警察の
  職員に相談した事実が必要なため、まずは、相談しましょう。
  
 ※配偶者暴力相談センターや警察の職員に相談していない場合は、公証人役場
  で認証を受けた書類を申立書に添付する必要があります。
 
 
  ひとりで悩まず、ご相談ください!                                                
    
   DVは我慢しても改善しません。
   自分が悪いから暴力を受けているという思い込みは危険です。
   そして、繰り返される暴力が改善されることはほとんどありません。
   
   DV被害の解消の第一歩は、「相談」です。
   
      
        ●相談窓口一覧 
   
 
   DV相談カードをご利用ください。
   
   丸亀市では、DV相談窓口を記載したDV相談カードを作成しています。
   事業所の窓口や女性トイレなどに置いていただいています。
   ご希望の方は、人権課男女共同参画室(0877-24-8823)までお問い
   合わせください。
   
   card1 card2
 
 
  
      
 
 

情報発信元
人権課 男女共同参画室
TEL:0877-24-8823
EMAIL:danjo@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る