産後ケア事業

最終更新日: 2018年5月24日

産後、自宅での育児や生活に不安はないですか?
 
~ 赤ちゃんとの生活を応援します! ~
お母さんと赤ちゃんのイラスト1 
 
産後ケア事業とは
出産後はホルモンの変化や、育児に関する不安により、こころやからだが不安定になりやすい時
期です。 このような時期に一定期間、助産所に宿泊し、母乳管理・沐浴の仕方・赤ちゃんのお世話などについて具体的に指導を受けることができます。
 
対象
丸亀市に住所があり、出産後、医療機関等を退院した産婦および新生児
(1)産褥期の身体的機能の回復について不安を持ち、保健指導を必要とする方
(2)初産婦等で、育児に対する不安が強く、保健指導を必要とする方
(3)その他産後の経過に応じた休養、栄養管理等日常の生活面について保健指導を必要とする方
 ※上のお子さんも一緒に利用したい場合はご相談ください。
 
利用期間
原則7日間まで
 
 
<利用期間の算定>
この事業の利用期間は、入所した日から退所した日までとし、入所日、退所日はそれぞれ1日と算定します。
 
申請方
丸亀市健康課へ利用申請書を提出してください。利用申請書は、丸亀市健康課(ひまわりセンター)、下記助産所で配布しているほか、下記からダウンロードもできます。
利用申請書はこちら
※申請の際に母子健康手帳をご持参ください。
 
自己負担
1日当たり
・課税世帯         10,000円/日
・市民税非課税世帯    5,000円/日
・生活保護世帯           0円/日  
※自己負担額は、利用者が直接助産所へお支払いください。
 
利用できる助産所
特定非営利法人 いのちの応援舎 ぼっこ助産院
(高松市春日町1176番地    087-844-4103)

情報発信元
健康課
TEL:0877-24-8806
FAX:0877-24-8830
EMAIL:kenko-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る