学校給食放射性物質モニタリング事業検査結果

最終更新日: 2013年10月8日

 丸亀市学校給食センターでは、児童生徒等のより一層の安全・安心の確保の
観点から、学校給食における放射性物質の有無や量について把握するため、
文部科学省の「学校給食モニタリング事業」の委託を受けた香川県に事業実施
を希望し、検査を実施しています。
 検査は第二学校給食センターで提供する給食について実施していますが、他の
給食センターでも使用する食材は同じものですので、丸亀市のすべての学校給食
について検査できているといえます。
 
検査期間 : 平成24年11月12日(月)~平成25年3月1日(金)
検査方法 : 給食の一週間分(1日1食分の五日分)をまとめて、ゲルマニウム
          半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析
                   法による検査。
結果結果 
以下のとおり、平成24年11月12日から平成25年3月1日まで検査を実施いたし
ましたが、放射性セシウム134及び137は検出されませんでした。
 
※「検出せず」とは、検出下限値を10Bq/kgとしています
 
○参考(食品中の放射性物質の基準値、Bq(ベクレル)の意味など)
 ・消費者庁「食品と放射能Q&A」
○リンク(関係省庁のHPなど)
 ・文部科学省 学校給食関連情報

情報発信元
学校給食センター
TEL:0877-25-2096
EMAIL:kyushoku@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る