条例施行により工場立地法の緑地面積率等が変わりました

最終更新日: 2018年11月30日

 丸亀市工場立地法第4条の2第1項の規定に基づく準則を定める条例(平成24年12月21日施行)
~工場立地法の緑地面積率等が変わりました~
 
 企業のより積極的な設備投資や企業立地を促進し、市内経済活性化を図るため、工場立地法の緑地面積率を緩和する丸亀市工場立地法第4条の2第1項の規定に基づく準則を定める条例を制定しました。(平成24年12月21日施行)
 
1.条例の内容
   都市計画法に基づく地域により、緑地面積率、環境施設面積率が緩和されます。
 
(1) 緑地面積率について 
 条例制定前
 条例制定後
 市内全域 20%以上
 工業専用・工業地域  5%以上(▲15%)
 
 準工業地域        10%以上(▲10%)
 
 その他の地域        20%以上(変更なし)
 
(2) 環境施設面積率について
 条例制定前
 条例制定後
 市内全地域 25%以上
 工業専用・工業地域 10%以上(▲15%)
 
 準工業地域        15%以上(▲10%)
 
 その他の地域         25%以上(変更なし)  
 
2.届出の方法
   平成24年12月21日以降、工場立地法の新設・変更等の届出を行う場合に適用されます。
 
3.昭和49628日以前に設置等されている既存工場の準則計算について
   既存工場が準則の計算をする場合、計算式に代入する値が地域により変わります。
   代入する値は、以下のとおりです。
 地域
 緑地面積率の
計算の場合
環境施設面積率の
計算の場合 
工業専用・工業地域
 
準工業地域
 
その他の地域
0.05
 
0.10
 
 0.20  
0.10
 
0.15
 
 0.25  
 

情報発信元
産業観光課
TEL:0877-24-8844(商工労政担当)、0877-24-8816(観光担当)
FAX:0877-24-8863
EMAIL:sangyokanko-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る