市長のプロフィール・メッセージ

最終更新日: 2019年2月25日

梶 正治(かじ まさはる)市長
梶正治市長
プロフィール
昭和28年1月生まれの66歳。
身長160cm、体重58kg、血液型O型。
香川県職員、香川県議会議員4期等を経て平成25年4月丸亀市長当選。
平成29年4月再選、現在2期目。
趣味は囲碁、スキー、読書。座右の銘は「真理は弱者の側にあり」。
神戸大学卒、山北町在住。
 
 
週間スケジュール
 
市長交際費市民と市長の談話室 利用状況 
 
  
子どもたちを守るために
 
 小学4年生の女の子が父親に虐待され、命を落とすという痛ましい事件が起こりました。昨年、東京都目黒区での虐待死に続く悲劇です。亡くなられたお子さんのご冥福をお祈りします。
 こうした悲劇を繰り返さないために、丸亀市の体制も万全にしなければなりません。対応にあたっては、各部署の正確かつ迅速な情報共有が大切であり、各部署が一丸となり、それぞれのケースに対応していくことが重要です。
 現在、本市では、子育て支援課・家庭児童相談室を中心に、学校、保育所、健康課など各部署からの情報を集約し、共に支援を行っており、気軽に相談できる子育て支援総合相談窓口「まる育サポート~あだぁじぉ~」を設け、子育てのストレス軽減にも努めております。
 また、児童相談所や警察などと連携を図り、児童虐待の未然防止、再発防止のための体制を整えております。さらに、情報共有の正確性や迅速性を図るため、「地域子育て支援システム」を構築し、体制強化に努めてまいります。
 教育委員会では、学校教育サポート室を設け、虐待が疑われる子どもたちや不登校の子どもたちへの対応について、学校を支援しています。保護者からの相談には、学校と協力して解決を目指すとともに、内容に応じて弁護士、スクールソーシャルワーカーなどの専門家や警察などの関係機関とも連携しながら対応しています。
 ただ、1件1件のケースに応じて、丁寧にきめ細かな対応を行うには、まだまだ人手と財源が不足しているのも現実です。
 今後とも、国が立てる地方財政計画の中で、十分な対応が可能な人員配置を実現するよう強く求めるとともに、本市独自でできる努力は最大限続けていきます。
                                           shomei
   
 
 
※丸亀城石垣崩落について
 
   市長メッセージ(動画)
 
                                       
 
 
 

前後の情報

ページ上に戻る