令和2年度 高齢者肺炎球菌予防接種のお知らせ

最終更新日: 2020年6月12日

<令和2年度 高齢者肺炎球菌予防接種のお知らせ>untitled
 
   丸亀市では、高齢者の肺炎を予防するため、高齢者肺炎球菌予防接種料金の一部助成を
  しています。
   接種を希望される人は、直接実施医療機関にご予約ください。
 
   肺炎球菌予防接種とは
 
    肺炎球菌ワクチンは、高齢者の肺炎になる原因の中で約半数を占める「肺炎球菌」による肺炎を予防する
  ワクチンです。
  肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種すると重症化防止などの効果が期待できます。
  接種後1か月で抗体価は最高となり、免疫効果は5年程度続くと言われています。
 
  副反応として主なものは、注射部位の痛み、発赤、腫れ、頭痛、注射部位のかゆみ等がありますが、一般にその症状は軽く、通常数日で消失します。重篤な副反応としては、強いアレルギー反応(アナフィラキシー)、蜂巣炎等があげられています。
   
    助成対象者 
    1.令和2年度に次の年齢になる人
     65歳(昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生)  85歳(昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生)
     70歳(昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生)  90歳(昭和 5年4月2日~昭和 6年4月1日生)
     75歳(昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生)  95歳(大正14年4月2日~大正15年4月1日生)
     80歳(昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生) 100歳(大正 9年4月2日~大正10年4月1日生)
 
        2.接種日現在60歳以上65歳未満の人で、心臓、じん臓、もしくは呼吸器の機能、またはヒト免疫不全
     ウイルスによる免疫の機能に障害を有する身体障害者手帳1・2級程度の人
 
          助成回数は、生涯1回(今年度)限りです。
 今までに、自費ででも肺炎球菌の予防接種を受けたことがある人は、助成の対象になりません。 
        
 
  接種期間
 
   令和2年4月1日~令和3年3月31日
 
  
  
  接種場所 
   ※要予約
   ⇒実施医療機関(PDF:166KB) 
  
  接種費用
 
   2,500円 
   
     ※生活保護世帯および市民税非課税世帯(世帯員全員が非課税であることが必要で 
    す。)に属する人は、証明書の添付で無料になります。自己負担金免除申請による方法
   (見本1)で自己負担金免除の手続きをされる方は、接種前にひまわりセンター、綾歌・飯山
    市民総合センター、本島・広島市民センターの いずれかで手続きが必要です。
     見本1の申請手続きをする場合は、窓口に来られる人の身分証明書をご持参ください。
    自己負担金免除の手続きについて(PDF:1036KB)はこちら。
 
          ※同一世帯以外の人が手続きされる場合は、委任状が必要です。(同封した用紙をご利
     用ください。)
       委任状(WORD:32KB)はこちら。
 
  接種回数   1回
   
 
  持参物
 
     高齢者肺炎球菌予防接種予診票
     接種済証
     健康保険証
     接種費用
 
  注意  
    
    ※市に住民票がない人、過去に肺炎球菌ワクチンを接種したことのある人は、上記の年齢であっても対象外
      となります。
    ※今年度対象者は令和3年3月31日を過ぎると、全額自己負担(8,000円程度)となります。 
       
    ※県外等で接種を受ける方への費用助成について
県外施設への入所等やむを得ない事由により、委託医療機関以外の県外の医療機関で接種を希望される方に対し、かかった費用の一部を償還払いにて助成します。ただし、接種される前に事前に申請が必要です。事前に申請されずに接種された場合は、償還払いできませんのでご注意ください。
 
各種申請用紙はこちらからダウンロードできます。
予防接種実施依頼書交付申請書(WORD:37KB)
★高齢者の肺炎球菌予防接種自己負担金免除申請書(PDF:229KB)                                
 
 
 
 

情報発信元
健康課
TEL:0877-24-8806
FAX:0877-24-8830
EMAIL:kenko-k@city.marugame.lg.jp
関連カテゴリ

前後の情報

ページ上に戻る