障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

最終更新日: 2017年3月14日

  
  障がいを理由とする差別を解消していくことで、障がいのある人もない人も。分け隔てられることなく、お互いに人格と個性を尊重しあいながら共に生きる社会を目指して、「障害を理由とする差別の解消に関する法律(障害者差別解消法)が、平成28年4月から施行されています。
 
 
 ● 障害者差別解消法とは
 
 この法律では国・都道府県・市町村などの役所や、会社やお店などの事業者が、障がいの
ある人に対して、正当な理由なく、障がいを理由として差別すること(「不当な差別的取扱い」)
と、過重な負担が伴わない合理的配慮を提供しないこと(「合理的配慮の不提供」)を禁止し
ています。
 
 ▽ 不当な差別的取扱い(例)
  ・障がいを理由に対応やサービスの提供を拒否する。
  ・障がいを理由に対応の順序を後回しにする。  など                               
 
 ▽ 合理的配慮の提供(例)
    ・段差がある場合に、スロープなどを使って補助する。
  ・障がいの特性に応じて、会場の座席位置を決める。  など
 
 
 障害者差別解消法の内容などについて、詳しくは、内閣府のホームページをご覧ください。
 
 
  なお、丸亀市では、事務を行うにあたって、障害者差別解消法に基づき、「丸亀市における
障がいを理由とする差別の解消の推進に関する職員対応要領」を作成しました。
 
        
 また、障害者にとって身近な地域の実情に応じた差別の解消のための取組を円滑に行う
ため、 丸亀市、善通寺市、多度津町、琴平町、まんのう町による中讃西部圏域障害者差別
解消支援地域協議会を設置しています。
 
 
 ご不明な点や、困ったことがありましたらお気軽に福祉課までご相談ください。 
 
   
 
 
 
 
 
 

情報発信元
福祉課
TEL:0877-24-8805、0877-24-8848
FAX:0877-24-8861
EMAIL:fukushi-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る