【募集】元気いっぱい!長生き体操

最終更新日: 2016年11月1日

★みなさんも、ご近所で始めてみませんか★
 元気いっぱい!長生き体操
 
 丸亀市では、介護予防の体操をキーにした集まりの場を始めようと思われる人を募集しています。ご近所で5人以上が集まり、毎週1回体操のできる場所を確保いただければ、地域包括支援センターの理学療法士などの専門職が体操の指導と体力測定に伺います。
 
 
問)老後の願いはどちら??
 1.手厚い介護を受けて暮らす!
 2.自分のことは自分でやり、自由気ままに暮らす!
答)そりゃあみなさん2番ですよね?
 
問)どんな体操なの?難しいの?
答)元気いっぱい!長生き体操 とは
 みなさんに行っていただく体操は、高知市が作成し全国的にも数多くの団体(1500箇所以上)が行い、またその効果が実証されている「いきいき百歳体操」を使います。イスを使って、歌いながら無理なく行なうので、足腰の弱った人も安全にできる体操です。
 
問)どんな効果があるの?
答)実際に体操をしている人は、次のような感想を述べられています。
 1.力がつくので、できることが増える、痛みが楽になる
 2.歩くスピードが早くなるので、出かけやすくなる
 3.自分が健康と感じるようになるので、活動が活発になる   などです。
 注)効果には個人差がありますので、効果を保証するものではありません。
 
問)『おもり』を使う!って聞いたけど
答)『おもり』は、使っていただいた方がより効果的です!
 おもりは、必ず必要と言う訳ではありませんが、効果が実証されているのはおもりを使った時のことです。筋力運動なので、少しでも負荷をかけて取組む方が効果を実感できると思います。
 注)但し、おもりは各自でご用意いただくことになります。
 
問)場所はどこでも良いの?
答)どこでも結構です。
 体操のできるスペースがあれえば、どこでも結構です。自治会館やコミュニティセンターだけでなく、個人のお宅でも、ガレージでも、お寺の境内や広場でも結構です。
 注)但し、借用の許可はみなさんで取ってください。
 
問)毎週1回やらなきゃならないの?
答)毎週1回行ってください。
 この体操の目的のひとつは、介護予防にあります。筋力運動は、トレーニングした後、一度筋肉破壊が起こり、その後2~3日で超回復します。その回復が重要で、やり過ぎたり休ませ過ぎると効果がでません。
 
問)市の職員は毎回来てくれるの?
答)最初の4回訪問します。
 地域包括支援センターの専門職が、初回の体力測定から4回訪問して、体操の指導を行いますので、その後は、みなさんで運営してください。とは言っても、運営に関するご相談は、地区担当職員がいつでもお受けしますし、定期的な(3ヶ月後、9ヶ月後など)体力測定にも伺わせていただきます。
 
問)補助金とかは出るの?
答)市からの補助金はありません。
 会場を借りたり、体操に使うイスやおもりを購入しなければならない、など運営資金が必要になる場合もありますが、市からの補助金はありません。申し訳ありませんが、みなさんの創意工夫で乗り切ってください。
 
問)やってみたいけど、どうしたら良いの?
答)まずは地域包括支援センターにご連絡ください。
 地域包括支援センターの職員が、体操や集まりの場の大切さについてご説明にあがります。ご説明を聞いて、やってみようと思われた時からサポートが開始になります。
 
 
 
 急速に進む高齢化社会では、ご近所さんの助け合いが必要になります。この体操をきっかけに、ご近所さんが集まってお茶を飲んだり、カラオケしたり、楽しいひと時を過ごす場所を作ってみてはいかがですか?
 地域包括支援センターは、そんな集まりの場を始めようとする人を全力でサポートします。
 

情報発信元
地域包括支援センター
TEL:0877-24-8933
FAX:0877-24-8914
EMAIL:hokatsu@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る