丸亀市の自主防災組織について

最終更新日: 2017年11月3日

◆自主防災組織とは
 
 災害対策基本法に規定されている 、防災を目的とした地域住民による任意の組織です。
 
 大規模災害が発生したとき、被害を最小限度にとどめるためには、「自助(自分の命は自分で守る)」、「共助(地域の安全は地域住民が互いに助け合って守る)」、そして行政による「公助」がうまく連携することが重要であると言われています。  
 近い将来発生すると予測されている南海トラフ地震等の大規模災害に備えるためにも、自分たちの地域は自分たちで守ることを目指す、「共助」の要である自主防災組織は非常に重要な役割を担っています。
 
◆市内の自主防災組織の設立状況
 
 市内の自主防災組織の設立状況は、一覧表のとおりです。コミュニティや連合自治会を中心に市内17コミュニティ全てで結成され、 活動カバー率は100パーセントとなっています。
 
(注)活動カバー率とは
  全世帯数に占める自主防災組織の活動範囲に含まれている地域の世帯数の割合
 
<自主防災組織一覧 >
番号
届出年度
組  織  名  称
1
H14
 城北地区連合自治会自主防災会
2
H17
 城西地区自主防災会
3
H16
 城乾コミュニティ防災ネットワーク
4
H15
 城坤地区自主防災会
5
H20
 城南地区自主防災会
6
H19
 住みたくなるまち土器自主防災会
7
H23
 飯野町自主防災会
8
H13
 川西地区地域づくり推進協議会自主防災会
9
H23
 郡家校区自主防災会
10
H19
 垂水やすらぎの会自主防災会
11
H16
 本島地区地域づくり推進協議会自主防災会
12
H16
 ふれ愛の町ひろしまをつくる会自主防災会
13
H21
 栗熊地区自主防災会
14
H21
 岡田地区自主防災会
15
H21
 富熊地区自主防災会
16
H20
 飯山南自主防災会
17
H20
 飯山北自主防災会
 
◆自主防災組織の活動
 
 自主防災組織では、平常時には次のような活動に取り組まれ、地域の防災活動に貢献されています。
 
1.地域の安全点検
2.避難経路・避難場所の確認・点検
3.防災知識の普及・啓発
4.防災資機材の整備・点検
5.防災訓練
6.防災マップの作成
 
 また、災害時には、次のような、被害を最小限に抑え、まちの復旧・復興に向けた活動に取り組まれます。
 
1.避難誘導
2.初期消火
3.救出・救護
4.情報の収集・伝達
5.要配慮者の安否確認
6.給水・給食
 
◆自主防災組織の活動紹介
 
 市で把握している自主防災組織の活動状況をご紹介します。
 
 ・平成27年度の活動紹介(PDF:110KB)
 ・平成28年度の活動紹介(PDF:101KB)
 
◆自主防災組織の活動予定
 
 市で把握している自主防災組織の活動予定をお知らせします。
 
【飯山南自主防災会】
訓練名称:平成29年度飯山南自主防災訓練
訓練日時:平成29年11月5日(日) 8時30分~12時
訓練内容:避難誘導訓練、消火訓練、土のう訓練、ロープワーク、造水機、傷病者救助訓練ほか
 
【城西地区自主防災会】
訓練名称:城西地区防災訓練
訓練日時:平成29年11月19日(日) 9時00分~12時頃
訓練内容:避難訓練、シェイクアウト訓練、要救護者支援及び傷病者搬送訓練、応急救護訓練、消火訓練ほか
 
【飯山北自主防災会】
訓練名称:第11回地域防災訓練
訓練日時:平成29年11月19日(日) 6時30分~10時頃
訓練内容:給水訓練、シェイクアウト訓練、初期消火訓練、応急救護訓練、水防訓練ほか
 
【岡田地区自主防災会】
訓練名称:防災訓練
訓練日時:平成29年11月23日(木) 8時30分~11時15分頃
訓練内容:DVD視聴、エリアメール・災害用伝言板の説明、消火訓練、AEDの操作についてほか
 
                                                 活動の様子
 
 
 
 

 
        

情報発信元
危機管理課
TEL:0877-25-4006
EMAIL:kikikanri-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る