お住まいの地域の標高を調べる

最終更新日: 2017年9月8日

 
津波や水害へ備えるための基礎情報として、自宅や職場周辺の標高を調べましょう。
自宅等から安全な場所までの距離、移動時間をあらかじめ確認しておくと、冷静に避難行動をとることができます。
 
 
 避難の際の目安となるよう、4メートル(緑色の破線)6メートル(赤色の破線)の標高が表示されています。
 
◆国土地理院「地理院地図」(電子国土Web)
 
 国土地理院の「地理院地図」(下記にリンク先表示)にて、地図上で選択した地点の標高値を調べることができます。
 
【調べ方】
1.国土地理院「地理院地図」を開きます。
2.地図を拡大・縮小やドラッグして、調べたい地点を表示させます。
3.調べたい地点に画面中央のポイント(十字マーク)を合わせ、画面下のタブをクリックします。
4.地図の下の欄に標高等が表示されます。
 
 
 
 津波による浸水想定エリアの避難路を中心に、海抜表示看板を設置しています。
 

情報発信元
危機管理課
TEL:0877-25-4006
EMAIL:kikikanri-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る