香川丸亀養護学校にて選挙の出前授業を行いました。

最終更新日: 2019年2月6日

 1月24日、香川県立香川丸亀養護学校にて選挙の出前授業を実施しました。
出前授業では、高等部の2・3年生を対象に『弁当と給食どちらがよいか』というテーマで模擬投票を行いました。生徒の皆さんには、立候補者役の先生の演説と選挙公報で候補者の主張を確認し、投票先を考えた後に投票をしてもらいました。
 投票箱や記載台等は本物と同じものを、投票用紙も本物と同じ紙質のものを使い、実際の投票所さながらの雰囲気を体験してもらいました。
 また、投票用紙に自分で書くことが難しい方には、補助者の代筆によって投票を行う代理投票制度を活用してもらいました。この制度は、実際の選挙でも利用でき、手の怪我等で記載することができない場合でも利用できる制度ですので、気兼ねなく投票に来ていただければと思います。
 さらに、一部の生徒の方には開票作業も体験してもらいました。生徒の皆さんには、投票先を考えるところから、投票、開票作業まで体験してもらうことで、選挙をより身近なものに感じてもらえたのではないかと思います。
 この経験を機に、一人でも多くの方が選挙に関心を持ち、投票に行ってもらえるようになればと願うばかりです。
 
 
出前事業の様子1
 
出前授業の様子2
 
出前授業の様子3

情報発信元
選挙管理委員会事務局
TEL:0877-24-8825
FAX:0877-23-4073
EMAIL:senkan@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る