ごみ収集車の火災発生について

最終更新日: 2018年2月1日

ごみ収集車火災の様子 
「不適切なゴミの出し方が原因でごみ収集車が燃えました」
 
 スプレー缶、カセットボンベ、ライター等を分別せずに不燃ごみに混入した状態でごみ収集車に投入した場合、スプレー内のガスが漏れ出てごみ収集車の後部荷室内に充満し、積み込みの際の圧縮により発火することで火災が発生します。
 車両火災が発生すると収集作業員や近隣住民を巻き込み、人身事故につながる恐れがあります。
 
 カセットボンベ・スプレー缶・ライター・電池は資源ごみです。
 
 寒い季節は特にカセットボンベの需要が高まると思いますが、ルールを守って捨てるようにしましょう。
 

情報発信元
クリーン課
TEL:0877-58-7453
FAX:0877-28-2351
EMAIL:kurin-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る