丸亀市の低入札価格調査制度について

最終更新日: 2020年4月1日

 丸亀市では、公共工事の品質確保やダンピング受注防止の徹底など、適正価格での契約を推進するため、平成30年10月1日より低入札価格調査制度を導入しました。
 このたび、令和2年4月1日以降の入札告示分より、低入札価格調査基準価格及び数値的判断基準(失格基準)の設定範囲の見直しを行いますので、お知らせします。
 
1.施行年月日  令和2年4月1日入札告示分から適用します。
 
2.対象工事   総合評価方式による建設工事について適用します。
 
 
詳しくは、こちら(PDF:213KB)をご覧ください。
 
調査様式は、こちら(WORD:234KB)からダウンロードして下さい。
 
 
 
《低入札価格調査制度の概要
  1. 契約の内容に適合した履行がされないおそれがあると認められる場合の基準となる低入札価格調査基準価格を設定します。
  2. 落札候補者の入札価格が低入札価格調査基準価格未満の場合には、すぐに落札者を決定せず、契約の内容に適合した履行がされないおそれの有無について調査(低入札価格調査)を実施します。
  3. 低入札価格調査の結果、契約内容に適合した履行がされると判断された場合には、当該入札者を落札者として決定し、その入札価格では契約の内容に適合した履行がされないおそれがあると判断された場合には 、次の順位者を落札候補者とし、同様の調査を行います。
  4. 契約の内容に適合した履行がされないおそれがあると認める数値的判断基準を設定し、入札価格が数値的判断基準未満の場合には、当該入札者を失格とします。

 

 


情報発信元
庶務課
TEL:0877-24-8841(統計例規)24-8840(財産管理)24-8944(契約・検査)
FAX:0877-23-4073
EMAIL:shomu-k@city.marugame.lg.jp
関連カテゴリ

前後の情報

ページ上に戻る