丸亀市国民健康保険の財政状況

最終更新日: 2018年8月29日

●丸亀市国民健康保険の財政状況についてお知らせします。
 
丸亀市国保特別会計の収支は、平成20年度に赤字が発生して以降、毎年、翌年度予算からの繰上充用や赤字補填目的の一般会計繰入金(国保会計収支安定分繰入金)で対応するなど、非常に苦しい財政運営をしてまいりました。
 そのため、国保収支を改善し、安定した国保運営を図るため、国保税率の見直しをはじめ、コンビニ収納の実施、納期の変更(6期から8期へ)、ペイジーの導入(口座振替推進)など、歳入面での収納率向上等に取り組むとともに、歳出面では、データヘルス計画を策定し、特定健診率の向上、糖尿病性腎症重症化予防事業の実施、後発医薬品の普及・啓発など、疾病予防、健康増進に向けた保健事業に積極的に取り組み、医療費適正化を図ってまいりました。
 その結果、平成25年度に累積収支(歳入総額マイナス歳出総額)は黒字に、平成27年度に赤字補填繰入金はあるものの単年度収支(前年度繰越金等除く)が黒字となり、平成28年度には、一般会計からの赤字補填繰入がようやく解消されたところです。
 平成30年度からは、国保制度が県単位での財政運営に大きく改正され、 県も保険者に加わり、市町とともに国保運営を担うことになりました。
 しかしながら、被保険者が高齢化し減少傾向にあることや、一人当たり医療費は年々増加していることから、国保を取り巻く状況は厳しく苦しい運営が続くことが予想されます。
 そうしたことから、将来にわたって、国民皆保険の要となる国保の安定した制度運営をしていくため、県、関係機関とも連携しながら、課題の解消に取り組んでまいります。
 

情報発信元
保険課
TEL:0877-24-8842
FAX:0877-24-8832
EMAIL:hoken-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る