浮世絵にみる歌舞伎の世界展

最終更新日: 2018年10月10日

  日本の伝統芸能として親しまれている歌舞伎は、江戸時代に花開き庶民の娯楽として
定着しました。当時歌舞伎の中心地は上方(京都・大坂)と江戸で、その人気が高まると、
役者の姿や芝居の様子を描いた役者絵が人気を呼びました。
 今回の展覧会では、歌舞伎の黄金時代となった文化・文政期から明治期にかけての上方
歌舞伎と江戸歌舞伎の名優たちの役者絵を展示します。
 さあ、粋でいなせな伊達男たちに会いに行きましょう。
 
 
 ♦会 期 《前期》平成30年10月13日(土)~11月4日(日)
      《後期》平成30年11月10日(土)~12月9日(日)
           ※前期と後期で作品の一部を入れ替えます。        
 ♦開館時間  午前9時30分~午後4時30分
 ♦会 場   丸亀市立資料館 1階企画展示室
 ♦休館日  月曜日 
 ♦観覧料 《前期または後期のいずれか1回》一般300円(240円)
           ※( )内は20名以上の団体料金 
      《前期・後期2回分》一般500円
           ※18歳以下、65歳以上及び各種障がい者手帳をお持ちの方は無料
            それぞれ内容の確認できるものをご提示下さい。
   ※天守の当日の入場券を掲示になれば、資料館観覧料が1枚につき40円割引になります。
      
 
 【関連行事】
  ◎あなたの一押しスター投票
        出品の役者絵の中からあなたの一押しの役者を選びましょう。
         日時 10月13日(土)~11月4日(日)
         ※投票結果は11月10日(土)~12月9日(日)まで、ロビーで掲示します。
  
  ◎コレクターによる展示解説
           日時 10月27日(土)、11月17日(土)
             両日とも午後1時30分より(申し込み不要)
           会場 1階企画展示室
           ※参加料は無料ですが、観覧券が必要です。
 
 チラシ
 
チラシ表(PDF:113KB)      チラシ裏(PDF:114KB)  
   

情報発信元
教育部総務課 資料館
TEL:0877-22-5366
FAX:0877-25-2439
EMAIL:shiryokan@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る