丸亀市高齢者運転免許証自主返納支援事業について

最終更新日: 2022年4月1日

~65歳以上の丸亀市民の方へ~
  運転免許証の自主返納を支援します!
  
 丸亀市は、高齢者ドライバーが当事者となる交通事故を抑止するため、 運転免許証を自主的に返納しやすい環境づくりと公共交通機関の利用を支援します。
 
 
 
【対象になる人】
自主返納する時に、満65歳以上で、
自主返納する時と支援申請する時に住民票が丸亀市にある人
 
【申請できる期間】
自主返納してから1年以内に申請してください。 
取消通知日から1年を経過すると申請できなくなります。
 
 
【支援の内容】
1.運転経歴証明書交付手数料1,100円を助成
2.「タクシー利用券」、「ICOCA」、「フリーIruCa」、「離島航路回数乗船券等」の中から、いずれか1点(1万円相当)を選んでください。
 ※航路回数乗船券等は離島にお住いの住民の方に限ります。
 支援は、自主返納者1人につき1回限りです。
 
 
 
 
免許返納とタクシー券等交付までの流れ
 
1.まず、自主返納してください。
 
  自主返納するところ
 
     ・香川県運転免許センター(087-881-0645)
     ・善通寺運転免許更新センター(0877-63-0011)
     ・丸亀警察署(0877-22-0110)
 
  運転経歴証明書を作る場合、自主返納するところによっては、その日に、交付できないようです。
  写真や県証紙などの手続きに「必要なもの」も各所で異なるようです。
  免許を返納すると、これまでよりも移動が不便になるかもしれません。自主返納の手続きに、「必要なもの」などを、これから手続きに行くところに、あらかじめ電話で確認することをお勧めします。
  
2.自主返納の手続きが終わってから市役所に支援申請の手続きに来てください。運転経歴証明書を作った人は、受け取ってから来てください。
 
<必要なもの>
・「申請による運転免許の取消通知書」
・「運転経歴証明書」←交付手数料を助成するために、現物を確認しますので、受け取ってから、市役所に来てください(作らない場合は不要です)。
・口座番号がわかるもの(経歴証明書を作らない場合は不要です)
 
<申請受付場所>
 丸亀市役所危機管理課(4階)、綾歌・飯山市民総合センター、本島・広島センター
申請は、郵便でもできます。
 
3.申請後から2~3週間ほどでタクシー利用券等が出来ますので、受け取りに来てください(市役所から案内の通知があります)。代理の方でも受け取りできます。
 
●運転経歴証明書は、本人確認のために免許証の代わりとなるものです。費用は1,100円かかりますが、市が同額を補助します。コミュニティバスが半額(100円)で乗れたり、他の優遇制度もありますので、ぜひ、作られてはいかがでしょうか。
 
  
 
 👇丸亀市高齢者運転免許証
 
自主返納支援事業のチラシです。👇
 
 20220401-1tirasi 
 
 20220401-2tirasi
 
〇チラシの印刷はコチラ(PDF:247KB)から
 
〇申請書兼請求書の印刷はコチラ(WORD:62KB)から
  ※申請書兼請求書は「表面」・「裏面」があります。両面印刷をお願いします。
   ※令和4年4月1日から「丸亀市における押印の見直しに関する方針」に基づき、押印が不要になりました。
 
 〇申請書兼請求書の書き方見本はコチラ(PDF:503KB)から
 ※申請書兼請求書は、「表面」のみの書き方見本となります。
 ※裏面は、タクシー利用券などを窓口で受領する時に、記入いただくものです。
 
 
【その他の優遇制度について】
 ☆香川県高齢者運転免許卒業者優遇制度【サービス一覧】はコチラをご覧ください。
 
 
  ☆丸亀コミュニティバスの運賃も半額。詳しくは、コチラをご覧ください。
 
 

情報発信元
危機管理課
TEL:0877-25-4006
FAX:0877-25-4007
EMAIL:kikikanri-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る