令和2年度 保育施設等新入所児の受け付け

最終更新日: 2020年5月1日

 
◎平成27年度より、子ども・子育て支援新制度がスタートし、保育所の利用を希望する場合は、利用申込のほか、子どもの年齢や保育の必要性に応じた「教育・保育給付認定」を受ける必要があります。
 
 
≪申込について≫
 
・保護者等が就労(求職中も含む)などにより、家庭内で保育できない乳幼児が対象です。
・出産予定や年度途中での入所(園)も受付します。
・入所期間中は、入所されるお子様と保護者の住民票住所地が丸亀市である必要があります。
・2・3号認定児の入所は毎月1日からのみです。月途中からの入所は行っておりません。
 
 
 
≪一斉申し込みの受付期間≫
令和元年11月25日(月) 綾歌市民総合センター1階会議室
令和元年11月26日(火) 飯山市民総合センター1階ロビー
令和元年11月27日(水)~令和元年12月6日(金)(土日除く)
                 丸亀市役所本館2階第1会議室、
                 各市民総合センター
いずれも午前9時~午後4時
※一斉受付期間以降の申込は、随時受付となります。
 
 
 
≪入所申込時に必要なもの≫
 
1.保育施設等入所申込書
2.教育・保育給付認定申請書(個人番号の記入が必要)
3.保育の必要な事由を確認するための書類(就労証明書など)
5.入所申込児童の世帯全員の個人番号が確認できるもの(※1)
  (別世帯でも同一生計の人を含む)
6.申込に来る人の本人確認ができるもの(※2)
7.支給認定証《既に認定を受けている人のみ》
8.印鑑
 
(※1)個人番号カード、個人番号通知カード、
    住民票の写しなど(個人番号記載のもの)
(※2)運転免許証など顔写真入りのものであれば1点
    保険証、年金手帳など顔写真がないものであれば2点
 
※必要書類のうち、2・5・6について、既に認定を受けている場合は提出不要です。
    代わりに、ご自宅に送付している「支給認定証」をご持参ください。
※必要書類のうち、3・4について、詳細は下記「申し込みに必要な書類」を参照してください。
 
 
≪手続きのながれ≫
 
(1)一斉受付期間内に申込をする場合
 issei
 
 
(2)一斉受付期間外に随時で申し込む場合
 zuiji
 
 
≪申込に必要な書類≫
 
1.保育の必要事由等を確認するための書類
保育の実施を
必要とする理由
必要書類
証明・確認先
備考
就労
または
就労予定
正規
パート
アルバイト
派遣
契約
就労証明書
EXCEL様式(EXCEL:81KB)
PDF様式(PDF:1048KB)
※会社・団体等に雇用されている場合
勤務先
就労予定の場合
就労後、就労確認のため再度就労証明書の提出が必要
自営業
農漁業
内職
(予定の場合)
申出書(PDF:84KB)
(就労中の場合)
就労確認書(PDF:107KB)
(予定の場合)
本人が記入
(就労中の場合)
児童の住所地の民生委員または主任児童委員
就労予定の場合
自営業等の開店準備状況等の内容を具体的に記入すること
母の妊娠、出産
母子健康手帳(表紙のコピー)
 
※出産予定日の確認
疾病、障がい
証明書(PDF:69KB)
病院
※身体障害者手帳等をお持ちの場合はコピーの提出が必要
親族の介護、看護
申出書(PDF:84KB) 
証明書(PDF:69KB)
または
親族の身体障害者手帳、介護保険被保険者証等のコピー
申出書は本人が記入

証明書は病院の証明が必要
※申出書は、看護・介護の時間帯及び内容を具体的に記入すること
災害復旧
申出書(PDF:84KB)
本人が記入
 
求職活動
申出書(PDF:84KB)
本人が記入
 
就学
申出書(PDF:84KB)
職業訓練校等の在学証明書
および
時間割等のコピー
申出書は本人が記入

証明書は在学する学校等の証明が必要
※就学時間及び期間等具体的に記入する必要あり
※各書類の様式は、新規申込書とセットでお渡ししていますが、市幼保運営課、綾歌・飯山市民総合センターの窓口にも設置しています。
※兄弟で同時に申請する場合は、添付書類(各保護者分)は1枚で構いません。
 
2.保育料の算定に必要な書類
書類が必要な方
必要な書類
兄姉が私立幼稚園、市外の認可保育施設または特別支援学校幼稚部などに通われている場合
在園証明書(PDF:55KB)
平成31年1月2日以降に丸亀市に転入してきた(転入予定の)保護者
個人番号による地方税情報の取得に係る同意書
(PDF:50KB)または
所得課税証明書(※詳しくは下記≪保育料の算定について≫参照)
※保育料の算定にあたり、別途証明等をご依頼する場合がありますので、ご了承ください。
 
 
≪入所選考基準について≫
○令和2年度入所申込より、保育施設等利用調整基準を公表します。
指数の高い方から順に入所調整を行います。
指数は、申し込みの際にご提出いただく書類に基づいて判定します。
 
☆基準表はこちら⇒保育施設等利用調整基準表(PDF:851KB)
 
 
≪保育料の算定について≫
 
○令和元年10月より、幼児教育・保育の無償化がスタートし、3歳児クラスから5歳児クラスのすべてのお子さまと、0歳児クラスから2歳児クラスの市民税非課税世帯のお子さまの保育料が無償になりました。
 
○無償化の対象とならないお子さまの保育料の算定は、算定対象者の市町村民税課税額などに基づき、決定します。
丸亀市に平成31年1月1日及び令和2年1月1日時点で住所がある保護者の方は、それぞれ平成30年中及び平成31年中の収入の申告をお願いします。
(勤務先等での年末調整や、確定申告がお済みの場合は不要です)
 
○平成30年9月1日より、税法上の寡婦(寡夫)控除が適用されない未婚のひとり親における保育料については、地方税法上の寡婦(寡夫)控除が適用されるものとみなし算定します。該当される方は、入所(園)申し込みの際にお申し出ください。
 
○平成31年1月2日以降に丸亀市に転入して来られた方で、同意書をご提出いただけない場合は、下記の通り所得課税証明書の提出が必要です。
 
 【入所(園)希望月が、4~8月の場合】
  ⇒平成31年度所得課税証明書(コピー可)、令和2年度所得課税証明書(コピー可)
  (平成31年1月1日、及び令和2年1月1日に住所のあった市区町村にて取得)
 
 【入所(園)希望月が、9~3月の場合】
  ⇒令和2年度所得課税証明書(コピー可)
  (令和2年1月1日に住所のあった市区町村にて取得)
 
 
≪保育施設等一覧≫
丸亀市内の保育施設等一覧についてはこちらを参照してください。
 
 
 
≪入所後の注意事項など≫
 
【ならし保育】
入所(園)前の保育施設等の利用の有無に関わらず、おおむね1ヶ月程度のならし保育が必要です。
ならし保育期間は、お子様の年齢や施設での入所(園)後の慣れ具合によるため、保護者と保育施設等の保育士が相談しながら行います。
 
【保育時間】
原則として平日8時間です。各施設によって異なりますので、お問い合わせください。
ただし、保護者の勤務状況によっては、それを考慮した保育時間を設けていますのでご相談ください。
 
【延長保育】
認定を受けられた認定区分で利用可能な保育時間を超える利用があった場合は、保育料とは別に延長保育料がかかります。
「支給認定証」の認定区分や、入所(園)される保育施設の保育時間、延長保育料は入所までにご確認ください。
 
【退所(園)】
年度の途中で、住居移転や保育を必要とする事由に該当しなくなったなどの理由で、退所される場合は、利用施設にご連絡いただき、退所される月の25日までに「退所届」を施設へご提出ください。
※市外へ転出される場合、退所月の1日時点で丸亀市にお子様と保護者の住民票がある場合、月途中で転出届を提出された場合でも月末まではご利用いただけます。
 

情報発信元
幼保運営課
TEL:0877-35-8892
FAX:0877-35-8894
EMAIL:yoho-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る