【新型コロナウィルス関連】保育所・こども園の保護者の皆様へ(R2.5.1)

最終更新日: 2020年5月1日

 
 日頃より、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、ご協力ありがとうございます。
少しでも早く収束し、子ども達の笑顔が見られるように願っているところではありますが、意に反し、全国的な感染拡大に歯止めがかからない状況であることは、保護者の皆様もご存知のことと思います。
 香川県でも、緊急事態宣言を受けて、幼・小・中・高等学校が休業しております。
 しかし保育所・こども園は、医療や老人介護・保育・商業・物流関係の従事者など、国民の生活維持の為に休むことができず、感染のリスクを背負いながら働いている方々のお子様をお預かりするために、閉園にはできない施設です。園内で感染クラスターを出さないように、衛生管理には十分気をつけておりますが、いろいろな家庭から人が集まる場ですので、全く安全とは言い切れません。
 そこで、これまで以上に自粛を強くお願いするにあたりまして、下記のように自粛のめやすを
変更させていただきました。ご理解のほど、よろしくお願いします。
 
《子ども・家族に、報道で示されているような発熱・咳・倦怠感・味覚異常など、感染の疑いのある場合》
 
                          14日間の健康観察と自宅待機を要請いたします 。
 
 全国的な事例として、数日で元気になったり、医師が「たぶんコロナではない」と診断しても、無症状の人から感染した人が重篤化したり、PCR検査を受けて「陰性」だった人が、後日急変して「陽性」に変わったりする人もいます。安心確保のため、症状がなくなっても、発熱した日から2週間は、家庭で自粛していただけますようお願いします。 
 
  また、現在の国内状況で、県をまたいで移動することを遠慮していただく、国からの要請があるにも関わらず、未だ観光旅行や帰省をされる方がいます。保護者の皆様もゴールデンウイーク中に、それらの方々との接触をさけていただきますよう、ご配慮をお願いします。もしも、やむを得ずご家族に帰省された方がいらっしゃいましたら、14日間は、生活空間を別にしていただくことをおすすめします。
 
 なかなかお仕事が休めないとお悩みの方もいるとは思いますが、職場に事情を伝え、ご協力をお願いします。そして、保護者の方々のご健康も大切にしてください。自粛中に園から様子伺いのお電話を差し上げることがあります。また、市では、ひまわりセンター4階に、コロナ総合相談窓口(Tel0877-22-6123)を開設していますので、ご相談ください。 
 
 下記の時間を踏まえ、除菌を行ってください。
◎ウイルスの残存時間― 4月22日 四国新聞より ―
・空気中…3時間
・銅・・・4時間
・ダンボール…24時間(1日間)
・ステンレス…48時間(2日間)
・プラスチック…72時間(3日間)
 
 
 
 

情報発信元
幼保運営課
TEL:0877-35-8892
FAX:0877-35-8894
EMAIL:yoho-k@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る