R3年度女性活躍実践アイデア企業顕彰 募集中!

最終更新日: 2021年7月27日

★★ ただいま募集中! 第2回女性活躍実践アイデア企業顕彰 ★★
 入賞本数を倍増‼ 中讃圏域企業向けの独自顕彰事業!!
 
    nininsankyaku_business_woman  leader_business_woman  ETVGCOO3
 
 令和2年度初開催しました女性活躍実践アイデア企業顕彰を今年度も開催します。
応募資格は、瀬戸内中讃定住自立圏域内(丸亀市、善通寺市、琴平町、多度津町、まんのう町)に主たる事業所を有する企業等です。これから取り組もうというアイデアでも応募できます。たくさんの応募をお待ちしています。
 
■募集期間
 令和3年7月27日(火)~9月30日(木)
 
※募集要項はこちら(PDF:166KB)   応募用紙はこちら(WORD:54KB)
 
■表彰・副賞
  ・女性活躍実践アイデア大賞 1件 (副賞10万円相当)
  ・女性活躍実践アイデア 奨励賞 3件 (副賞5万円相当)
   ※副賞受領の際、領収書の提出が必要です
 
■応募資格
  瀬戸内中讃定住自立圏域内(丸亀市、善通寺市、琴平町、多度津町、
 まんのう町)に主たる事業所を有する企業等(国、地方公共団体から
 一定以上の出資又は補助金等を受けている法人を除く)
 ※大賞、奨励賞を受賞された場合、中讃ケーブルテレビ等の情報番組
   取材にご協力いただきます。 
   
■応募方法
  様式1(WORD:54KB)に下記の事項を記入の上、瀬戸内中讃定住
 自立圏女性活躍推進協議会(以下、協議会という。) 事務局(丸亀市人権課
 男女共同参画室)へ提出。
 
 1)会社等の名称 2)設立年月日 3)業種 4)応募時の常時雇用労働者数 
 5)女性活躍推進の手法・取組内容(下記枠内に詳細記載)
 
他社では見られない特筆すべき手法・内容であること。また、次のいずれかもしくは複数の取り組みであること(応募用紙表面の中段にチェック欄があります)
 
(1)役員・管理職へ女性を登用する(管理部門における女性活躍)
(2)職場における女性活躍を促進する取組(職場(管理部門除く)における女性活躍)
(3)女性職員が健康で働き続けられる制度設計(離職防止、M字カーブ解消への取組)
(4)その他、女性活躍に関する先進的な取り組み(職場外での女性活躍支援等)
 
 6)アピールポイント 7)記入者情報 8)登録確認同意チェック
 (必要に応じて)所属商工会名(商工会議所名)
 
 添付資料として、
ア)登記簿謄本の写し(圏域内商工会(商工会議所)での登録確認ができる場合は添付不要)
イ)取組内容の説明資料(必須。業績数値、意識調査の指数など取組前後が分かるデータ等。様式自由)
 
■応募資料の取り扱い
 協議会が行う女性活躍推進のための広報啓発活動のために活用する。なお、応募資料は返却しない。
 
■審査
 応募資料等を基に協議会の協議にて決定する。
 
応募・問い合わせ先
 丸亀市総務部人権課男女共同参画室 
 〒763-8501 香川県丸亀市大手町二丁目4番21号
 電話:0877-24-8823 ファクス:0877-24-8874 メール:danjo@city.marugame.lg.jp
 
 
★★ 第1回女性活躍実践アイデア企業顕彰 事業報告 ★★
 
 令和2年7月27日から9月30日まで、中讃圏域の企業等を対象に募集を行い、8より応募がありました。受賞された2社を讃えるとともに応募された各社の取り組み(アイデア)事例をご紹介します。
 
●女性活躍実践アイデア大賞
有限会社 宝月堂
(代表者)代表取締役 高畑響子 丸亀市米屋町16
 
【コロナ禍でもお母さん社員に勤務してもらえる体制づくりを】
コロナ禍の学校閉鎖期間(3/3~4/3)中、会社で社員の学童を預かることとした。宿題をする時 間やみんなで活動する時間をプログラムし、子どもが退屈しないよう工夫した。講師は社員が交代で務めるほか、外部からも参加してもらった。場所は工場2階の休憩所を利用。親の勤務場所からも近く、親にとっても、子どもにとっても安心できる場所であった。
 
【プログラム例】
外部講師:アロマ教室、ティッシュケースづくり、英語教室、言葉遊び、読み聞かせ他
▽茶道教室                  ▽青木石のキャンドルスタンド
kadoukyousitu   kyanndorusutanndo
▽社員講師:運動教室
unndoukyousitu
 
≪アピールポイント≫
突然の決定であった今回のコロナ禍による学校閉鎖は「お母さん社員」にとって、対策をとる猶予もないまま始まったため大問題であった。会社にとって、社員が一斉に休むこととなると打撃も大きく、勤務を継続しながらの体制づくりは、「お母さん社員」が多い職場、女性経営者ならではの「お母さん」目線・女性目線の取り組みであると考える。
 
●女性活躍実践アイデア奨励賞
有限会社EMクリーニング・明治屋
(代表者)代表取締役 山本よしみ 丸亀市川西町北1286-8
 
【25時間で仕事内容が覚えられる独自の研修プログラムを構築(業界平均は100時間)】
・たった25時間で仕事内容が覚えられる独自の研修プログラムがある
 クリーニング業界では通常研修期間は平均100時間(以上)かかる。社員の働きたい時間に研修時間を設定し、段階を踏んで、延べ7日間で研修が完了し、研修期間の離職者なしを実現している。
 ▽独自の研修プログラムイメージ
EMkurininngu
 
・3S活動の取り組み
 名称の統一化・場所を統一化。結果、物を探さなくなった。探していた時間5分→0分に改善。”同じ場所・同じ物・同じブランド・同じ色で全店統一
”同じもの”が”ほぼ同じ場所にある”を徹底
”同じもの率” 3S前49%→3S後91%(40%向上)
”同じ場所率” 3S前30%→3S後86%(56%向上) 
 【取組効果】
 他の店舗社員が従事しても、求められている作業が一目でわかる。これにより、単独店舗専属勤務から多店舗勤務への契約変更も可能となり、社員のライフスタイルの変化に柔軟に対応できる。
 
・働く時間・曜日・日数を社員が働きながら希望できる
 最低収入希望保証制度(毎月このくらいの収入がほしいという希望を保証する制度)がある。扶養内勤務可能。子供同伴勤務可能。又、それを強要しない。
 
≪アピールポイント≫
採用の流れは、職場体験→労災保険加入契約→新人研修25時間(1週間)→継続勤務の意思確認→本契約となっています。働きたい人が、働き、休みたいときに、休む。働きたいときに、働き、フォローできる時に、フォローする。このポリシーを、選択肢として社員全員に与え、100%実現しています。充実した教育プログラムと社員へのきめ細かい働き方サポート、社員フォローにより、7年間、離職0の結果につながっていると思います。
 
●各社の取り組み(アイデア)事例
  
アイアイくらぶ 株式会社
(代表者)代表取締役 藤井祥子 まんのう町西高篠237-1
 【育休明けの職場復帰に向け、障害となる事由があっても個々に対応】
 従業員家族の教室授業の受講を認め、仕事中の母親の姿を子どもたちが
 直接見て体感できるようにしている。また、子どもの送迎サポートや乳幼
 児の子守り支援も行っている。
 
 
佐藤紙器 株式会社
(代表者)代表取締役社長 佐藤佳彦 丸亀市飯野町東二700
 【製造管理者に女性を登用】
 各製造者への気配りがきめ細かく、コミュニケーション能力を活かした管理
 能力も評価できる。職場には女性社員が多く、仕事・仕事外の相談もしやす
 い。また、女性社員に機械運転も担ってもらい、自信・責任感がアップ。
 
 
多度津さくら工房
(代表者)代表 池内靖子 多度津町西港町41
 【県内屈指の桜の名所・桃陵公園に咲く牡丹桜の葉を使った桜餅を毎年4,000個提供】
 団体の代表者は、さぬき食文化博士、香川県むらの技能伝承士として地元
 中学校において9年間、地域の特産品などについての授業も行っている。
 地産地消に重きを置いた活動はまちの活性化やPRなどにも貢献している。
 
 
(株)中野屋
(代表者)代表取締役 羽藤裕子 琴平町796
 【昭和に女性社長を抜擢。うどん学校の校長にパート従業員からの女性を登用。
 現在の4代目女性社長はインスタ映えの商品を開発】
 うどん打ち体験のあるうどん学校の魅力とおいりソフトの人気が香川のPRに
 一役買っている。コロナでも最大のもてなしを心がけ、コロナ禍に負けない経営
 計画にも余念なし。
 
 
富士産業 株式会社
(代表者)代表取締役 岡田篤典 丸亀市田村町1301
 【がん検診の受診勧奨のため、就業中に受診できる制度に改良】
 費用負担だけでは、受診率が思うように伸びず、対象者ヒアリングから「受診の
 機会の創出」が重要と確認。胃がん・大腸がん検診だけでなく、乳がん・子宮が
 ん検診も社内検診に取り組み、乳がん検診は85%の受診率。
 
 
丸善織物 株式会社
(代表者)代表取締役 大倉康司 善通寺市金倉町540
 【出産や育児で働けなくなることがないように、職場のフォロー体制は万全】
 出産や育児による離職防止が最重要課題と認識し、振動を伴うミシン縫製をして
 いる従業員に妊娠が確認されると、負担の少ない軽作業に担当を変更。女性の
 積極採用もあり、現在、57%が女性従業員となっている。
 

情報発信元
人権課 男女共同参画室
TEL:0877-24-8823
FAX:0877-24-8874
EMAIL:danjo@city.marugame.lg.jp

前後の情報

ページ上に戻る