介護マークへのご理解と活用について

最終更新日: 2021年4月24日

介護マークとは 
 
 認知症などの人の介護は、周囲から見ると介護していることがわかりにくいため、誤解や偏見を持たれることがあります。そこで、介護をする人が介護中であることを周囲に理解していただくため、作成されたものが介護マークです。このマークは、静岡県が作成したもので、全国で普及が進められています。
 丸亀市もその趣旨に賛同し、介護マークの普及・啓発に取り組みます。
kaigoma-ku1 
 この介護マークを外出先で見かけたら、温かく見守ってください。
 
介護マーク名札の交付について
 
 市では、「介護マーク名札」(個人のみ名札ケース付)を交付しています。
 必要な人は下記のとおり申請してください。
 
【交付対象者】
 1 次のいずれかに該当する市内に住所を有する人を介護している人
  ・介護保険要支援認定又は要介護認定を受けている人
  ・身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の交付を受けている人
  ・上記2つに準ずると市長が認める人
 2 市内に設置されている老人福祉施設、障害者施設、介護保険サービス事業所、
   障害福祉サービス事業所、福祉ボランティア団体等
 
【申請窓口】
 丸亀市役所 高齢者支援課
 
【申請方法】
 下記をご準備いただき、高齢者支援課に申請してください。
 ・丸亀市介護マーク名札交付申請書(個人又は施設等)
 ・介護を受けている人の介護保険被保険者証など(施設等は不要です)
 
【申請書】 
 

情報発信元
高齢者支援課
TEL:0877-24-8807(介護認定・給付担当)0877-24-8831(高齢者福祉担当)
FAX:0877-24-8914
EMAIL:koreishashien-k@city.marugame.lg.jp
関連カテゴリ

前後の情報

ページ上に戻る