木烏神社

画像:木烏神社遠く神代の昔、讃岐の国造であった日本武尊が、この付近を荒らしていた悪魚を退治されたとき一羽の烏が水先案内をつとめたという伝承の烏は、本島の玄関口、泊港の近くに木烏神社として祀られています。社前の大鳥居は、織田信長から朱印状を与えられ、この塩飽の海と島々を統治した四人の年寄衆の一人、宮本伝太夫道意の子、半右衛門正信が寛永4年(1627)に奉納したものです。鳥居の右側に、江戸時代に塩飽の政所であった勤番所から島民に伝える法度や触書などを掲示した『制札場』の建物が残っています。

日本武尊(やまとたけるのみこと)が、景行天皇に従わない人々を征伐しに、各地をまわっていた頃、瀬戸内海に大きな船をのみ込んでしまう悪魚が住んでいた。この悪魚を退治するために、日本武尊が船に乗って瀬戸内海を渡っていた。すると、ものすごい深い霧が出てきた。その時、どこからか一羽の烏が飛んできて、船の案内をしてくれ、飛んで帰ったところがこの泊であった。その烏を祭ったので木烏という名がついたそうだが、祭神は大国主神である。

鳥居

画像:鳥居泊の海岸にある木烏神社の正面に、海に向かって立っている。笠木と柱に特徴があり、普通の鳥居の笠木は両端を斜めに断ち切ったようになっているが、この鳥居の笠木の両端は丸く盛り上がっている。
柱の刻字を見ると、この鳥居は、寛永4年(1627)に塩飽島の年寄宮本伝太夫道意の子半右衛門正信が建てたもので、薩摩の石工によって製作されている。当時、塩飽が繁栄し、薩摩との間にも密接な交渉があったことがうかがえる。

制札場

画像:制札場木烏神社の境内にあり、江戸時代に塩飽を統治していた勤番所からの触れ書、法度、掟書などを掲示し、一般に周知した場所である。正面は開放し、下半分に角格子があり、奥の壁に掲示していた。
塩飽の島々にはかつて24の制札所があり、この種の大型のものは泊と笠島に各3ヶ所あった。


ページ上に戻る